• 西洋陶磁器
  • シルバー
  • ガラス
  • その他

最新情報

2017年6月22日

6月も半ばを過ぎ、蒸し暑い日もございますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
当銀座アンティークギャラリーは年中無休で営業しております。
(注8月7日、8日は帝国ホテルプラザのメン … 続きを見る

2017年4月27日

来たる5月1日から5日まで東京プリンスホテルにて行われます。
ザ・美術骨董ショー 2017THE JAPANTIQUE SHOWに
NO,81 SUCRE(シュークル)さんと御一緒 … 続きを見る

2017年4月10日

新しいシルバーの商品が入荷いたしました。シルバーギャラリートレイ、シルバーケトル、シルバーティーキャディーボックス、
シルバーティーサービスなどを少しずつご紹介していきます。
皆様 … 続きを見る

2017年3月18日

■京都大アンティークフェア
3月23日(金)~26日(日)
10:00AM~17:00PM(最終日は午後4時閉場)
パルスプラザ(京都府総合見本市会館)大展示場
(問)京都 … 続きを見る

2017年2月14日

2017年2月17日金曜日から19日に宝塚ホテルにて行われますアンティークショーに
出店いたします。
場所:大阪 宝塚ホテル 新館3階 「琥珀の間」 
時間:10:00-18:00 … 続きを見る

2017年2月5日

休館日のお知らせ
誠に勝手ながら、2017年2月6日(月) ・7日(火)は、
帝国ホテルプラザ全館休業の為、当銀座アンティークギャラリー
はお休みさせていただきます。
何卒、ご理 … 続きを見る

2017年1月7日

明けましておめでとうございます。
皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。
また、日頃から温かいご支援ご協力を賜り、心からお礼申し上げます。
本年も良いアン … 続きを見る

2016年12月25日

年末年始 営業のご案内 帝国ホテルプラザの年末年始の営業は下記の通りです。
12月26日(月) 休館日
12月27日(火)~30日(金) 11:00~19:00
 12月31日(土 … 続きを見る

2016年10月26日

■京都大アンティークフェア
10月28日(金)~30日(日)
10:00AM~17:00PM(最終日は午後4時閉場)
パルスプラザ(京都府総合見本市会館)大展示場
(問)京都 … 続きを見る

2016年9月21日

FC2にて、当ギンザアンティークギャラリーのインフォメーションを掲載しております。
詳細は下記から、
http://ginzaantiquegallery.blog95.fc2.c … 続きを見る

2016年7月28日

8月1日(月)・2日(火)は帝国ホテルプラザ全館休業とさせていただきます。
当銀座アンティークギャラリーも休業とさせていただきますので、
何卒よろしくお願い致します。

なお、次回 … 続きを見る

2016年4月23日

被災地・被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます
­
この度の熊本地震にて、
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被災者の皆様に、心よりお見舞いを申し上げ … 続きを見る

2016年3月9日

国外、国内仕入れ、買取商品がたくさん入荷しております。
珍しいものが色々とございます。銀座、帝国ホテルの付近にお越しの際は、
ぜひ弊店にお立ち寄り下さいませ。幅広いアンティークがご … 続きを見る

2016年1月1日

謹賀新年
旧年中はご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます
本年も倍旧のご贔屓の程よろしくお願いいたします
本日より営業とさせていただきます
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げており … 続きを見る

2015年12月31日

日頃より銀座アンティークギャラリーをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
今年も一年、本当にご来店、お買い上げありがとうございました。
お陰様で、今年も大晦日までご来店いただ … 続きを見る

...もっと見る

コラム

銀座アンティークギャラリーのコラムのページです。

19世紀末から20世紀初めに活躍したウースターのペインターたち Ⅰ

ご存知のとおり、19世紀終わりから20世紀の初めにはウースターに今も名を残す絵付師がいます。それまでは、ウースターでは絵付師の名前は殆ど書かれることはありませんでしたが、19世紀の終わりからマスターペインターに作品にサインを入れることが許されました。 特に有名なのがハリー・ディビスとハリー・スティントンで、市場に出てきますが、高価でなかなか安く仕入れることが出来なくなってきています。もともと2人とも水彩画での評価を得て、ウースターの絵師になったため、絵付け師としての才能を持っていました。

まず、有名なスティントン家の家系の絵付師たちについて。

スティントンの家系は、絵付師の血筋で、ひい爺さんはヘンリーといい、グレンジャーズ・ウースター(ロイヤル・ウースターとのちに合併)で活躍した人で、息子のジョン シニア(1829-95年)もグレンジャーズにいて、風景画を得意としていました。彼は5人の子供を授かり、そのうちの、3人のジョン(ジュニア)、ウォルター、ジェームスが絵付師になりました。

その長男のジョン ジュニア(1854−1956年)はグレンジャーズからウースターに入社し、1903年から高原の牛の絵のスペシャリストとして活躍しました。

末っ子のジェームス(1870−1961年)もグレンジャーズを経て、ウースターに入社し、ゲームバード、キジの絵付けに才能を発揮し、ゲームバードの水彩画調の絵付けに偉大なる功績を残しました。

ジョン ジュニアも同じように子供たちを自分と同じようにウースターの絵付師に育て上げました。その中に次男のハリー・スティントン(1882 年−1968年)がいました。彼は生まれながら足が悪く、幼少のころはいろいろな病気のために入退院繰り返しました。しかし、サウスケンジントン(ロンドン)での絵の展覧会で、数々のメダルを取る才能がありました。ウースターに入り、長年父のジョン ジュニア スティントンの下で働き、同じ高原の牛のシーンを描き、より綺麗な紫色を描き出しました。趣味は魚釣り、チェスで、彼の偉大なる友人のハリー・ディビスとよく魚釣りに出かけたようです。彼はまた、 20世紀のイギリスの水彩画の1人として評されて、数々の作品を残しています。

コラムの一覧ページに戻る