• 西洋陶磁器
  • シルバー
  • ガラス
  • その他

最新情報

2018年8月5日

帝国ホテルプラザ休館日
誠に勝手ながら、2018年8月6日(月)、8月7日(火)は帝国ホテルプラザ全館休業日のため、
当銀座アンティークギャラリーはお休みになります。
何卒、ご理解 … 続きを見る

2018年7月27日

帝国ホテルプラザ休館日
誠に勝手ながら、2018年8月6日(月)、8月7日(火)は帝国ホテルプラザ全館休業日と
させていただきます。
何卒、ご理解を賜りますようにお願い申し上げます … 続きを見る

2018年7月20日

先日は京都大骨董祭、宝塚ホテルでのアンティークフェアにご来場いただきまして、
ありがとうございます。
特に宝塚ホテルの際は、暴雨に関わらず、ご来場頂き感謝しております。
最近はこの … 続きを見る

2018年4月27日

2018 THE JAPANTIQUE SHOW/ザ美術骨董ショー
☆美術骨董品・絵画・コイン・貴金属の展示即売会

5月1日(火)10:00~18:00
5月2日(水)10:00 … 続きを見る

2018年4月13日

先日、出展いたしました京都アンティークフェアに、たくさんのお客様に
ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。
2018年5月1日から5月5日まで東京プリンスホテルにて、開 … 続きを見る

2018年2月16日

2018年2月16日(金)・17日(土)・18日(日)に宝塚ホテル 新館3階」琥珀の間にて
第27回 宝塚アンティークフェア 2018が開催されております。
当銀座アンティークギャ … 続きを見る

2018年1月5日

新年のご挨拶
皆様におかれましては、お健やか に新春をお迎えのことと存じ上げます。
旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり、誠にありがとう ございました。
皆様に益々のご多幸がありま … 続きを見る

2017年12月29日

年末年始 営業のご案内 帝国ホテルプラザの年末年始の営業は下記の通りです。
12月27日(火)~30日(金) 11:00~19:00
12月31日(土)~1月3日(火) 11:00 … 続きを見る

2017年10月16日

シルバーのコーナーに商品を追加しております。
京都アンティークフェア
10月28日(金)~30日(日)
10:00AM~5:00PM(最終日は午後4時閉場)
パルスプラザ(京都府総 … 続きを見る

2017年9月2日

銀座アンティークギャラリーでは、当店並びのショーケースのディスプレイをさせていただいております。
帝国ホテルプラザ館内がより華やかに飾れたらと思います。
詳しくはhttp://gi … 続きを見る

2017年8月6日

2017年8月7日(月曜日)、8日(火曜日)は帝国ホテルプラザの
全館休業日のため、お店を休業致します。
9日以降、ご来店をお待ちしております。
銀座アンティークギャラリー
真下淑 … 続きを見る

2017年7月20日

来たる7月28日(金)から30日(日)に開催されます
第26回宝塚ホテルアンティークフェア2017に当銀座アンティークギャラリーが
出展いたします。
会場は阪急・宝塚ホテル 新館6 … 続きを見る

2017年6月22日

6月も半ばを過ぎ、蒸し暑い日もございますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
当銀座アンティークギャラリーは年中無休で営業しております。
(注8月7日、8日は帝国ホテルプラザのメン … 続きを見る

2017年4月27日

来たる5月1日から5日まで東京プリンスホテルにて行われます。
ザ・美術骨董ショー 2017THE JAPANTIQUE SHOWに
NO,81 SUCRE(シュークル)さんと御一緒 … 続きを見る

2017年4月10日

新しいシルバーの商品が入荷いたしました。シルバーギャラリートレイ、シルバーケトル、シルバーティーキャディーボックス、
シルバーティーサービスなどを少しずつご紹介していきます。
皆様 … 続きを見る

...もっと見る

コラム

銀座アンティークギャラリーのコラムのページです。

ルネ・ラリックのサインの種類について

ラリックのサインはルネ・ラリック自身のサインでなく、商標として成型時に鋳型から転写されたり、仕上げの際に手で書かれております。

1914年まではlaliqueと記され、以後1945年のルネ・ラリックが亡くなるまではR.Laliqueとサインが入れられました。 ただ、必ずしもその通りではなく、Rがぬけていたり、サインが不明瞭なものや無いものも存在します。

しかし、酸で溶かしたアッシドのサインもグラスに用いられていますので、専門の方でも区別が難しいようです。

サインには下記のようにいろいろあります。

線刻サインといい、ダイヤモンドで削って筆記体は初期のものに多く見られます。

研削サインは文字は大文字でルーと呼ばれる小型グラインダーで削られ、Rのサインも無いものもあります。

彫りこみサインはモレットと呼ばれる回転きり、筆記体で彫られます。グラスなどに多く使われました。20年代にもっとも使われました。 アシッドサインは切り抜いた型紙に酸を塗って削っています。同じように見えますが、ラリックではサンドブラストと呼ばれる型紙に研磨剤をする技法は使わなかったようです。 30年代に良く使われました。

陰刻鋳型サインは文字が凹んでいて、色々な書体が見られます。

陽刻鋳型サインは文字が盛り上がっていて、こちらも色々な書体が見られます。 同じモデルでも、サインの種類が異なっていたりしておりますので、 なかなか判断が難しいと思います。ですが、Rの付いた品はほとんどが1945年以前のものです。

ラリックのマーク

コラムの一覧ページに戻る